引退しました


起き抜けにYOSHIKIのtweetみて、小室哲哉氏に何が....? と思えば、TL自体が小室哲哉一色だった。abemaの記者会見(録画)をフルで見て、自分のことと勝手に重ねて涙出てきた。昨日から泣いてばかり。

 

わたくし独身女!実家に寄生して30年!本日で1年勤めた会社を退社、明日から無職!今後の人生未定!貯金の額は10数万円!(まじ)

私はどんなにとち狂っても人を殺めたり、騙したりしない信念があるので(交通事故は除く)もし犯罪に巻き込まれるとしたら殺される側だと思うのだけど、殺された人の方が大きく報道されるこの世の中で、もし明日殺されたら

被害者女性「岡山県在住 本名(30・無職)」と記載されるのだと思うと、くるしい。

30で実家暮らしで無職?あー・・・(察し)ってなりますよね。

じゃあなんで辞めたんな?て感じなんですが。

昨日まで全然実感がなく、もう労働しなくていい!ハッピー!!としか思ってなかったのに、急に不安がきた。人間って、わからないものが怖いんですよね。会社に所属していたからといって、わからないことだらけで、なんの保証もないはずなのに、ずっと、先になんの予定もないところに憧れていたのに。

 

昨日は送別会だった。他部署にもう一人今月の退職者がいてその方のほうが勤務年数も長いし素敵なかたなので、送別会といっても私はおまけだし、隅のほうで最後の晩餐して帰ろ〜くらいの気持ちだったのに、やたら分厚い座布団を用意されていて、緑色の花束とみんなの似顔絵入りの手作り日めくりカレンダーまでもらってしまった。個人的に、本や犬サブレ(めちゃ可愛い)をくれた人もいた。

私は自分が主役になるのもサプライズされるのも本当に苦手なのでかなりリアクション薄い芸人だったと思うのだけど、誰かに"愛されてるね"って言われたやつでなんか涙腺スイッチ入ってしまい。実際には私が辞めても次のコマが足されるだけで、なんの支障もないだろうし、数週間したら忘れられるような存在だと思うのだけど。また遊ぼうねって言ってもそれが続いていく関係なんてないと思っているし、でもこの歳でまるで学生のように、遊んだり笑ったりした思い出があるだけでだいぶ今後の人生生きやすくなるんだろうなと思ってる。成人式もクソだったし、結婚することもないし、誕生日もないし、退社することで盛大に祝福されるっておかしな話だけど、みんなにかこまれて"愛されてる"って感じる瞬間なんてもうこないんだろうなって思ったら小室氏がもうこれで表舞台に出てくるのは人生で最後って決めて隠居する気持ちがわかるといえば大袈裟だけど、すんごい無駄に共感してしまい。

口を揃えて、次どうするんですか?てみんなが聞いてくるのがつらかったので、記者の人が今後のことばっか聞くの私にまで刺さった。